• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の百年

- SEPTEMBER 2013 -

ナショナル ジオグラフィック協会 写真資料室から

海底火山が生んだ幻の新島

 伊豆諸島南部の海で1952(昭和27)年9月17日、海底火山の噴火によって新たにできた小島をカツオ漁船が発見。写真はその翌日、海上保安庁の巡視船「しきね」で観測された小規模な爆発の模様だ。この火山島は、発見した漁船にちなんで明神礁(みょうじんしょう)と名づけられた。


 明神礁の調査に向かった「第五海洋丸」が、島の付近で消息を絶ったのは9月24日のことだ。大規模な噴火に巻き込まれたとみられ、乗船者31人全員が帰らぬ人となった。翌年の大爆発で島は水没したが、以後の海底火山調査には事故の教訓が生かされ、航空機やヘリコプターとの連携強化、自航式ブイや無人調査艇の活用などが進んだ。

写真=MAINICHI NEWSPAPERS/NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE

フラッシュバック一覧へ

  • 「社会鍋」の本丸はこちら
  • おせんべ焼けたかな?
  • 編集長ファミリーと富士登山
  • イワシを食べるウナギ
  • 街頭の「選挙速報」
  • この男性の職業は?
  • カラフルなおもちゃ屋
  • 三崎の海からニューヨークへ
  • 実験装置で「地震の揺れ」を再現
  • 小さな瞳が見つめる、小さなテレビ
  • タコはイカだった?

翻訳講座

ナショジオクイズ

カラフルな粉を掛け合うことで知られるインドのお祭りといえば?

  • ディワリ
  • ホーリー
  • クンブメーラ

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ