第54話 若葉ちゃんは、まだまだ認められない!

 林から湖に出る間際の湖岸である。

 まるで滑り台のようになっていて、一気に加速がつく。

 犬たちは、勢いのまま走って行くが、橇はそういうわけにはいかないだろう。

 これは、飛んでしまうな!

 瞬時の判断で、私は深く膝を曲げて身構えた。

 ざざざーという橇の滑る音のあと、一瞬橇が浮いた。

 次の瞬間、ドンと落とされて、私は橇にしがみついた。

 犬たちは、そんな後ろの様子も気にせずにただひたすら、トーニャの橇を目指して走っていた。

 大人になってから、無駄な脂肪を蓄え、運動不足から体も硬くなっていたが、無事着地することができた。

 おおお~、まだまだ、私はまだイケる。

 などと、心の中で1人喜んでいると、犬たちがスピードを落とし、橇が止まった。

 転倒するのではないかと心配して止まっていたトーニャの橇に追いついたのだ。

「大丈夫そうね、その調子よ」
 と、トーニャはニコリとするとまた橇を走らせた。

 それにつられて、私の犬たちも、私の指示なしに走り出す。

 確かに上手く着地ができたけど、直前でスピードを抑えておかなかったら、きっと大転倒だったことだろう。