壁紙

泉の奥へと下りていく考古学者(メキシコ)

オルトゥン・セノーテに下りていく考古学者のギエルモ・デ・アンダ。太陽が真上に輝き、陽光が垂直に水中へと差し込むのは7月のこの日を含め年2回。地上にも同じ日の光をとらえるために建築物が造られたと、デ・アンダは考える。
写真= Paul Nicklen

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 霧の中の木、ドイツ
  • シカ、チェコのシュマバ国立公園
  • モンテ・ペルディード、スペイン
  • 乾燥した草原でよく見かけるセイキチョウ(モザンビーク)
  • ピンク色の壁を背に立つ2羽の鳥(インド・スラト)
  • テスト潜行する「ディープシー・チャレンジャー」
  • フォークとハスの芽でつくられたオブジェ(インド)
  • にらみ合う、2頭の雄のジャコウウシ(ロシア・ウランゲリ島)
  • 農家にとっては天の恵みとなる夏の雷雨(パレスチナ)