壁紙

泉の奥へと下りていく考古学者(メキシコ)

オルトゥン・セノーテに下りていく考古学者のギエルモ・デ・アンダ。太陽が真上に輝き、陽光が垂直に水中へと差し込むのは7月のこの日を含め年2回。地上にも同じ日の光をとらえるために建築物が造られたと、デ・アンダは考える。
写真= Paul Nicklen

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • シロガネアジの群れ
  • 南極の活火山 エレバス 4 エレバス山の大噴火口
  • モスクワ郊外の別荘地に立ち並ぶ豪邸
  • インカ帝国のミイラたち
  • 南極の活火山 エレバス 3 エレバス山で最大級の氷塔
  • 海に沈んだモアイ
  • 偉人たちが眠るパリの地下墓地
  • 南極の活火山 エレバス 2 氷と雪のそばで溶岩湖が煮えたぎる
  • 米アラバマ州の沖合に沈む戦車