壁紙

泉の奥へと下りていく考古学者(メキシコ)

オルトゥン・セノーテに下りていく考古学者のギエルモ・デ・アンダ。太陽が真上に輝き、陽光が垂直に水中へと差し込むのは7月のこの日を含め年2回。地上にも同じ日の光をとらえるために建築物が造られたと、デ・アンダは考える。
写真= Paul Nicklen

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 極楽鳥4:ニューギニア島の沼地で雌を呼ぶジュウニセンフウチョウ
  • ヒトデの上をはうタラバガニ
  • 寒い地にしっかりと根を下ろして生きるジャイアントセコイア
  • ムチカラマツの森(駿河湾)
  • 極楽鳥3:自慢のダンスを披露するオナガカンザシフウチョウ
  • バイカル湖から突き出す、精霊のすむ岩
  • 牛のげっぷに含まれるメタンガスは?
  • インカの壁を見つめる女性(ペルー、クスコ)
  • 知床半島で流氷の天井につかまるカメラマン