ジムとぼくの立ち話が、ちょうど終わったのを見計らったかのように、ジュディがお茶を入れたポットとカップを持ってきてくれました。

 ぼくたち4人は、部屋の真ん中の大きなテーブルの端で、角を囲むようにして座り、それぞれのカップにお茶が注がれると、ジムもキャップを脱いで、リラックスした雰囲気になりました。

 それからの話題の中心は、一転して、日本のことになりました。

夏になると黄色いアツモリソウが一斉に咲く。袋状の唇弁(しんべん)が、靴のような形をしていることから『レディー・スリッパ』あるいは『モカシン・フラワー』とも呼ばれている。(写真クリックで拡大)

 ぼくは、山登りでみつめてきた日本の自然について語り、ジムは昔の思い出を話してくれました。

 かつて、『ナショナル ジオグラフィック』1980年10月号で、竹の特集が組まれたとき、写真を担当したジムは京都を訪れ、竹製の茶道具を撮影したのだそうです。

 そのときに撮った、竹林をバックに竹刀を構えている剣士の写真は、その号の表紙を飾りました。

 ジムにとっても初めてのことで、写真家人生のなかでも、記念すべき仕事になりました。

 それ以来、竹はジムにとって、幸運の植物なのだそうです。

 さらにジムの話題は、日本の美術や神道にも及びました。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る