壁紙

炭酸飲料1本に含まれる砂糖は何グラム?

温泉地ではかつて、炭酸を含む温泉水が治療の目的で飲まれていた。18世紀、二酸化炭素を水に溶かす方法が確立したことで炭酸水の製造が始まり、ジンジャーエールやコーラといった甘い炭酸飲料が登場する。一般的に355ミリリットル缶1本には、砂糖換算で約42グラム分の糖類が入っている。
写真= Robert Clark

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 玄関先を通り過ぎる2羽のヒクイドリ
  • 好物の青い果実を食べるヒクイドリ
  • 南極の「氷の砂漠」
  • ヒクイドリの真顔
  • 父親の後を必死に追いかけるヒクイドリの子
  • 日夜、命を狙われるライオン(タンザニア)
  • 漁師、アラブ首長国連邦(UAE)
  • マヤの最高神が祭られたピラミッド「エル・カスティージョ」(メキシコ・チチェンイツァの遺跡)
  • 桜の花、日本