壁紙

炭酸飲料1本に含まれる砂糖は何グラム?

温泉地ではかつて、炭酸を含む温泉水が治療の目的で飲まれていた。18世紀、二酸化炭素を水に溶かす方法が確立したことで炭酸水の製造が始まり、ジンジャーエールやコーラといった甘い炭酸飲料が登場する。一般的に355ミリリットル缶1本には、砂糖換算で約42グラム分の糖類が入っている。
写真= Robert Clark

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 崖にたたずむピューマの親子(米国)
  • わが子と触れ合うセイウチのお母さん(カナダ)
  • ハリウッドのピューマ(米国)
  • 歴代大統領を3Dスキャン(米国)
  • 氷の下のセイウチ(グリーンランド)
  • 魚の群れの間をゆくウミガメ(パプアニューギニア)
  • スーラ島のアカマツの林(ノルウェー)
  • キンベ湾のクマノミ(パプアニューギニア)
  • 世界遺産ネロイフィヨルド(ノルウェー)