壁紙

炭酸飲料1本に含まれる砂糖は何グラム?

温泉地ではかつて、炭酸を含む温泉水が治療の目的で飲まれていた。18世紀、二酸化炭素を水に溶かす方法が確立したことで炭酸水の製造が始まり、ジンジャーエールやコーラといった甘い炭酸飲料が登場する。一般的に355ミリリットル缶1本には、砂糖換算で約42グラム分の糖類が入っている。
写真= Robert Clark

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 岸辺のゾウアザラシ
  • 雪化粧したバン・ホーベンバーグ山
  • 夕暮れのチコハイイロギツネ
  • レインコートを着たみなしごゾウ
  • 「ウイングスーツ」で空を飛ぶ
  • スイレンの葉を下から見ると……
  • 幻想の湖 エア湖 2
  • セミクジラの尾
  • 霧の中のヒグマ、ロシア