壁紙

炭酸飲料1本に含まれる砂糖は何グラム?

温泉地ではかつて、炭酸を含む温泉水が治療の目的で飲まれていた。18世紀、二酸化炭素を水に溶かす方法が確立したことで炭酸水の製造が始まり、ジンジャーエールやコーラといった甘い炭酸飲料が登場する。一般的に355ミリリットル缶1本には、砂糖換算で約42グラム分の糖類が入っている。
写真= Robert Clark

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • マナティー、フロリダ州
  • アファールの絶景1「鮮やかな色に染まる温泉(エチオピア)」
  • グレート・コバック砂丘、アラスカ州
  • パトロールに出動する犬ぞり
  • アファールの絶景「蒸気を上げる間欠泉源」
  • タツノオトシゴ、ホンジュラス
  • 霧の中のハクチョウ
  • テクラニカ川、アラスカ州
  • レモンザメ、バハマ諸島