壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

炭酸飲料1本に含まれる砂糖は何グラム?

温泉地ではかつて、炭酸を含む温泉水が治療の目的で飲まれていた。18世紀、二酸化炭素を水に溶かす方法が確立したことで炭酸水の製造が始まり、ジンジャーエールやコーラといった甘い炭酸飲料が登場する。一般的に355ミリリットル缶1本には、砂糖換算で約42グラム分の糖類が入っている。
写真= Robert Clark

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:現在のEVとはまったく違いますが、電気で走る車はエンジンで駆動する車が登場した頃からありました。その当時、電気で走る自動車を手がけていた自動車工学者といえば誰でしょう?

  • ルイ・シボレー
  • エンツォ・フェラーリ
  • フェルディナント・ポルシェ

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ