VISIONS

古城の室内に浮かぶ雲

数百年の歴史を誇る古城の中に浮かんでいるのは、人工の雲。アーティストのベルントナウト・スミルデが、ベルギー東部の都市ラナケン近郊に建つこの古城で水蒸気と煙、照明を組み合わせて作りだした、つかの間の芸術だ。
写真=Cassander Eeftinck Schattenkerk

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • どこでしょう?
  • 氷の芸術作品ができた理由
  • 目を閉じたニホンザル
  • 結婚を即興ダンスでお祝い
  • 女神の霊を呼び出す儀式
  • 物干しロープとかわいいドレス
  • セバスチャン・サルガド  インドネシア・パプア州 2010年
  • セバスチャン・サルガド  ロシア・シベリア 2011年
  • セバスチャン・サルガド  サウスジョージア島 2009年
  • アセチレンの火に群がる魚たち
  • 桜島の噴火と雷
  • 発電するオレンジ
  • ビーバー潜水中
  • トロピカルなリゾート?