File7 深海生物研究者 藤原義弘

第1回 深海生物フォトグラファーの表の顔は

藤原義弘さん。(写真クリックで拡大)

 いえいえ、どうやったらこんな素敵な写真が撮れるんでしょう。
 やはり、ここ横須賀のオフィスに、専用の撮影スタジオなどがあるのでしょうか。

「いえ、撮影は船の上でしています」

 なぜなら、そうしないと、イキのいい状態が撮れないから。有人または無人の探査機が、深海から連れ帰ってきた生物を、船上で撮影しているのだ。

イキのいい深海生物を撮るために

 とはいえ、釣りの名人が船上で獲物と記念写真を撮るようにはいかない。
 シャッターを切るまでに、時間がかかる。ほかにやらなくてはならないことがたくさんあるからだ。

「最初に我々がするのは、ソーティングです」

 つまり仕分け。
 深海から引き揚げられたモノは、泥に覆われている。そこに生物がいるかどうか、目で見てすぐにわかるモノばかりではない。なので、泥ごとを文字通りふるいにかける。ふるいの細かさは1ミリ、0.5ミリ、その5分の1の100ミクロンと、だんだんと細かくなっていく。
 何種類かのふるいを使って仕分けをしたら、どのふるいにかけたものなのか、あとからでも分かりやすいように整理する。整理が終わったら、今度は試料の固定や解剖と、この時点では、写真よりも、後々、研究時に混乱を起こさないための下準備が優先されるのだ。この作業に、何時間もかかる。

「途中で食事をしたりしますから。探査機が船に戻ってくるのがだいたい午後5時なので、大抵、ここまでで午前1時とか2時とかになってしまいます」

 撮影は、この時間にスタートだ。

 使う機材は、藤原さんいわく「普通の一眼レフ」とストロボ、10センチ角から45センチ角ほどの水槽、そして、黒いゴムの板である。

 黒いゴムの板を中に沈めた水槽に海水と被写体を入れ、レンズを向ける。

 この装備にたどり着くまでには、トライアル・アンド・エラーを繰り返した。
 最初はどんな風だったのでしょうか。