「車は駐車場に止めれば良いよ」

「車はないので、大丈夫です」

「誰かに送ってもらったのか?」

「いえ、カヤックを漕いできたんです。フォール湖から。いま、岸に止めているのですが、明日までここに置いて良いですか?」

 明日以降はどうするのかと聞かれたら困るなと思いましたが、トムは特に気にする様子もなく、「ああ、もちろんさ。ここはきみの場所だからね」といって、トイレやシャワーの位置を説明すると、メインロッジに帰っていきました。

 ぼくはさっそくカヤックと荷物をキャンプ地まで運び、テントを張って、昼食をすませました。

 ぐずぐずしていると日が落ちてしまいます。

 そこで、ジムの家の写真を手に、すぐに出かけることにしました。

 <今日中に家を見つけてしまわないと……>

 砂利道を歩いてロッジの入り口までくると、巨大なムースの彫り物をした木の看板があり、アスファルトで舗装された道路が左右に続いていました。

 一応は2車線の道路ですが、道幅は狭く、車の行き来もほとんどありません。

 手書きの絵地図から予想するに、ここからさらに南にジムの家があると踏んだぼくは、その道路を右に進むことにしました。

 くねくねと曲がりながらつづく道路。

 両脇の土手には緑の草が生い茂り、白や黄色の見慣れない花が一面に咲いていました。

 土手の外側はすぐに森となっていて、ときどき家の入り口らしき小道が、道路の脇から枝のように伸びて、木立の中へと続いていました。

 住所を示しているのか、小道の入り口には必ず数字の書かれた標識がありました。

 しかし、どの家も敷地が広く、道路からは建物の姿が見えません。もちろん、道路脇に呼び鈴なんて見当たりません。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る