第48回 ノース・カントリー・ロッジ

 ダルースのホステルを出発してから、ずっと目指してきたムース湖。

 カヤックで旅を始めた当初は、原生林の奥に位置するこの湖は、地の果てのようなところなのかと思っていました。

 しかし、実際に来てみると、湖畔には木造の家がちらほらと顔を出し、別荘地のような雰囲気で、人の気配がそれなりにあるところだと分かりました。

母グマに促されて、安全な木の上に登ったアメリカクロクマの子どもたち。春のそよ風に揺られているうちに、そのまま眠ってしまった。(写真クリックで拡大)

 ウィルダネス保護区への旅の拠点となる場所なのか、何艘ものカヌーや、モーターボートが、ぼくの脇を通り過ぎていきます。

 どこでカヤックを降りたものだろうと、湖岸沿いに進んでいくと、先日通り過ぎたレンジャー・ステーションみたいに、茶色い小屋が並んでいる一画が見えてきました。

 ボートをつけられる屋根付きの桟橋があり、岸にはいくつものアルミ製のカヌーが転がっています。

 きっと観光客向けのロッジかなにかでしょう。

 湖面から様子をうかがっていると、Tシャツを来た男の人が向こうから現れました。