フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の百年

- June 2013 -

ナショナル ジオグラフィック協会 写真資料室から

この男性の職業は?

 カンカン帽に草鞋履き、肩の天秤棒には重そうな桶を下げている。商いに出かけていく金魚売りを、日本の写真家の坂本潔が撮ったこの一枚は、1924(大正13)年10月号に掲載された。


 米国では当時、金魚の飼育が流行しつつあり、人々の関心が高まっていた。米国での養殖業が拡大する一方、日本からの輸出も急増した。金魚の対米輸出に関する記事は、1930年前後の『中外商業新報』(現在の日本経済新聞)にもしばしば登場。「農家の副業に金魚輸出」「1928年は約60万尾10万円分を輸出、過半は奈良県郡山・愛知県弥富産」「酒樽で50%の死亡率が専用タンクで最小2%に」「米国では冬の室内装飾として流行」などと報じられた。

写真=KIYOSHI SAKAMOTO

フラッシュバック一覧へ

  • 「社会鍋」の本丸はこちら
  • おせんべ焼けたかな?
  • 編集長ファミリーと富士登山
  • 海底火山が生んだ幻の新島
  • イワシを食べるウナギ
  • 街頭の「選挙速報」
  • カラフルなおもちゃ屋
  • 三崎の海からニューヨークへ
  • 実験装置で「地震の揺れ」を再現
  • 小さな瞳が見つめる、小さなテレビ
  • タコはイカだった?

翻訳講座

ナショジオクイズ

気候変動の研究施設があるグリーンランドは、どの国の領土?

  • ノルウェー
  • カナダ
  • デンマーク

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ