リスク・テイカー 危険覚悟の挑戦者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

危険地帯へ踏み込んで

ジェームズ・ナクトウェイ

聞き手=ニール・シェイ  写真=マルコ・グロブ

ジェームズ・ナクトウェイは30年以上のキャリアをもつ写真家。世界有数の危険地帯や戦場に出向き、人々の苦しみを記録してきた。

――あなたの仕事は危険であり、またある程度の犠牲を伴いますね。

 どれだけ用心しても、命を落とすことがあります。隣にいた人が撃たれて亡くなったこともあります。私には当たらなかったのに。今まで見てきた多くの悲劇は、心の重荷になっています。

――イラクで襲撃に遭い重症を負ったそうですね。それでも現地へ戻るのはなぜ?

 けがは十分に回復しました。それに、この戦争がどれだけ多くの犠牲を伴っているのかを人々に伝え、問題を提起したいんです。

――戦場の写真を撮ることも一つの探求なのでしょうか?

 私は歴史をリアルタイムで目撃しています。そういう意味では未知の探求と言えるでしょう。写真を撮るために危険な地域にも足を踏み入れます。五感を研ぎ澄まして情報を吸収し、時には生死を分ける決断を迅速に下します。

ジェームズ・ナクトウェイが撮影した特集

リスク・テイカー 一覧へ

ナショジオクイズ

キリン科の動物は次のうちどれ?

  • シマウマ
  • オカピ
  • トムソンガゼル

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ