リスク・テイカー 危険覚悟の挑戦者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「最も偉大な」冒険家

ラノフ・ファインズ卿

聞き手=ジェレミー・バーリン  写真=マルコ・グロブ

ラノフ・ファインズ卿は「存命中の冒険家では最も偉大」とされる英国人。40年以上にわたって先例のない探検に身を投じ、川や砂漠、北極や南極に挑んできた。69歳となる今年、史上初となる冬季の南極大陸横断に挑戦したが、凍傷のために離脱を余儀なくされた。

――心臓発作や昏睡状態を経験し、指を失ってまで、なぜ冒険を続けるんですか?

 長年一緒にやっているチームを代表して言うなら、ただ一番になりたいからですよ。でも最も根本的な動機は、父がしたことを実現できなかった後悔から生まれています。スコットランド最後の騎兵連隊を指揮することです。

――なぜ指揮できなかったんですか?

 数学の成績が悪くて、士官学校に入れませんでした。でも陸軍に入隊し、兵士たちにカヌーやスキー、登山を教えました。つまり探検の方法です。それに史上初の冒険をする方が、スポンサーを獲得しやすいことを学びました。

――尊敬している冒険家はいますか?

 砂漠の冒険家ではウィルフレッド・セシジャー。極地ならダグラス・モーソン。南極大陸に初めて足を踏み入れたロバート・スコットも尊敬しています。

――特に危険だった冒険を教えてください。

 高所恐怖症を克服しようと、2007年にスイスのアイガーに挑んだんです。でも山頂にたどり着くまで一度も下を見ていなかったと、後になって気づきました。恐怖と向き合わないことで、どうにか登頂できたんです。

――失敗した時に、立ち直る方法は?

 過去40年間の冒険は半分が失敗でした。でも世界記録を達成できるかなんて最初から予想はできません。そのことさえわかっていれば、あとは再び挑戦するだけです。異なる方法で、異なる角度から攻めればいいんですよ。

リスク・テイカー 一覧へ

翻訳講座

ナショジオクイズ

気候変動の研究施設があるグリーンランドは、どの国の領土?

  • ノルウェー
  • カナダ
  • デンマーク

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ