第27回 リンゴの花香る、ギリシャの神々の避暑地

 いろいろな花が咲き乱れる5月。リンゴの産地では、その白い花がさわやかな香りを漂わせています。そんな時期にぜひ行きたいのが、ギリシャ東部にある村、マクリニトサです!

ギリシャ東部テッサリア地方にそびえる、ペリオン山中腹の村、マクリニトサ。木々が影を落とす広場から、眼下に広がる港町ボロスの眺望が楽しめる。
写真:terry harris just greece photo library/Alamy(写真クリックで拡大)

 マクリニトサは、テッサリア地方にそびえるペリオン山の中腹、標高350~700メートルに開けた村。13世紀にコンスタンティノープル(現トルコ、イスタンブール)から逃れてきた人々が建設した村ですが、現在残るのは、主に18世紀の建物。数ある小さな教会を訪ねれば、フレスコ画やイコン(聖像画)を鑑賞できます。4~5月には、石畳の小道にリンゴの花の香りが漂います。

 「ギリシャの神々の避暑地」「ペリオン山のバルコニー」とも呼ばれるこの村は、眺望も楽しみの1つ。見晴らしのよいカフェやレストランに陣取り、お茶や食事を楽しみながら、眼下に広がる港町ボロスと、港の向こうに沈む夕日を眺めるのもすてきですね。

 マクリニトサへの詳しい行き方や、近くの港町ボロスの見どころなど、プランを立てるときに役立つヒントは、『続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』(日経ナショナル ジオグラフィック社刊)をご覧ください!

『続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』
(ジェレミー・アランほか著、関利枝子、北村京子訳、日経ナショナル ジオグラフィック社)


見たこともない風景や野生動物を堪能できる場所や、まだあまり知られていないリゾートから、パリやニューヨークなど定番の観光地にある意外な名所やお得な情報まで。旅の満足度をアップするアイデア満載の1冊です!
ナショジオストア アマゾン 楽天