フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2013年5月号

未知の元素をつかまえろ!

  • チョークを手に、黒板の前に立つユーリ・オガネシアン。ロシアの研究チームを率いて11種類の新たな元素を発見した。
  • ロシア・ドゥブナのフレロフ核反応研究所の片隅に、メンデレーエフが1869年に発表した元素の周期表が掲げてあった。同研究所のチームは新元素をいくつか合成し、周期表に付け加えた。
  • ドゥブナの研究所にある実験装置。4個の青い磁石が、カルシウムのイオンを細いビームに絞り込む。これが光速の10分の1の速さで標的に衝突、原子が融合し、新たな元素が生じる場合がある。
  • 超重元素を作り出すのは難しいが、その確認はさらに難しい。ドゥブナにあるこの装置は、新元素から放出される中性子を検出。放射性崩壊のパターンを分析し、短命な新元素の存在を証明する。

フォトギャラリー一覧へ

翻訳講座

ナショジオクイズ

クズリというこの動物で正しいのは?

  • イタチ科
  • クマ科
  • スカンク科

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ