ロッジの上空を小型機が旋回した。

「トーニャだ! トーニャが着いたよ!」

 私は、空を仰ぎ見た。

 ブーンと音を立てて、飛行機はまた遠くに去っていった。

 機が降り立つ滑走路は、湖の向こう側のため、スティーブがリバーボートを出して迎えに行く。

(写真クリックで拡大)

 私たちは留守番だったけれど、1時間も経つと、ロッジに大きな声が響いた。

「ただいま!」

 女性ながらに逞しい体つきをしているトーニャの声は、太くロッジ内に響く。

 まるでお父さんが帰ってきて、喜んで玄関に駆け出す子供たちのように、私たちはトーニャの帰りを迎えた。

 けれどトーニャは、いきなり、

「げー、っほ! っほ! っほ! っほ!」
「うげぇぇぇ~」
 と、肺のなかの空気を全て吐き出さんまでの、酷い咳をする。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る