第36話 待ちに待った、トーニャの帰還!

 まずは、顔を撫でながら、口の中を覗き込んで、そのあと、肩の骨、背骨、骨盤のあたりの骨を確認する。

 数匹を確認したところで、トーニャは言った。

「少し、太ったわね」

「え? そう?」

 私には、どの犬も太っては見えない。

 それどころか、1日1食しか与えられていないのだから、みんな、お腹のへこんだ痩せ犬たちである。 

「ちょっと、多めにあげたでしょ?」
 トーニャは、犬の体を触りながら言った。

「あ、あげた……」
 私は、小声で言った。

「やっぱり?」
 トーニャが、私の目を見つめる。

「え? でも……、なんだか、この子たちを見ていると、サービスしたくなっちゃうのよね……」ははは。

 私は、苦笑いを返した。

(写真クリックで拡大)

つづく

廣川まさき

廣川まさき(ひろかわ まさき)

ノンフィクションライター。1972年富山県生まれ。岐阜女子大学卒。2003年、アラスカ・ユーコン川約1500キロを単独カヌーで下り、その旅を記録した著書『ウーマンアローン』で2004年第2回開高健ノンフィクション賞を受賞。近著は『私の名はナルヴァルック』(集英社)。Webナショジオでのこれまでの連載は「今日も牧場にすったもんだの風が吹く」公式サイトhttp://web.hirokawamasaki.com/