第35話 若者たちの語らい。「俺は、キラーじゃない!」

 森で命を繋ぐために狩りをする人たちにすれば、スポーツハンティングというのは、眉間にしわが寄るような言葉である。

 けれどスティーブは、裸電球のぼんやりとした明かりのなかで、静かに言った。

「でもね……、僕はトビエスの気持ちが解らない訳じゃないんだ。ハンティングは、なんと言うか……、」

 スティーブは、慎重に言葉を選ぼうとしていた。

「なんと言うか……、男のチャレンジなんだよ」

 トビエスも、頷いた。

「そうなんだよ。相手は大きな熊だから、風下からそっと近づいていく瞬間は、銃を持っていても、恐怖心との闘いなんだ」

 セビーナが言う。

「銃を撃つことや、殺すことに、アドレナリンが出ているだけよ!」

 私も言った。

「そうそう、結局は、楽しんでいるのよ」

(写真クリックで拡大)