第7話(最終話) 新たな「愛と青春の旅立ち」へ

最終回  宇宙の深海をめざして

ただ一つ気になっている事があった。それはアメリカにおけるアストロバイオロジーの隆盛ぶりと日本におけるアストロバイオロジーの貧弱ゥぶりの差だった。ボクの中ではその理由ははっきりしていた。アメリカのアストロバイオロジーのプロデューサーはNASAであり、それがアストロバイオロジーの研究資金と方向性の策定、そして一般社会の興味喚起の原動力となっているのに対して、日本の宇宙研究の親玉になるべきJAXAはアストロバイオロジーに対してあまりにひどい塩対応ぶりだった。

日本にアストロバイオロジーを深く根付かせるためには、とにかく「JAXAをどげんかせんといかん」と、ボクは東国原元宮崎県知事風に、ずっと勝手に連呼していたのだった。

そこに現れたのが矢野さんだった。ボクにとってコレはある意味千載一遇のチャンスだった。なので、逃走経路は確保しながらも、もう少し深入りする気にもなっていたんだ。

日本独自の貢献とは?

矢野さんはさらに続けた。「実はNASAの一つのプロジェクトとしてエンケラドゥス地球外生命探査が計画されていて、もし皆さんが本気でやる気があるのなら日本としてそれに参加する意思があるということを早急に返事しないといけないのです。だからまずはそれをお聞きしたいのです」

「国際協力なら話は簡単だ。だったら即オーケーしましょう」とみんな。

矢野さん「実はそれで問題があるのですが、実は国際共同研究なら日本独自の貢献部分を示した上で参加表明をしないと単なるワリカン要因になってしまって全く意味がないんです」

高野君「その場分析とかリターンサンプルの分析とか科学的な部分での貢献はダメなんですか?」

矢野「もちろんそういう貢献も可能ですが、どちらかというとそういう貢献する側にメリットの大きい部分は国際競争も激しいし、計画段階での貢献としては分かりにくいですね」

矢野「そこで個人的に考えたことがあるんですが、例えば地球外生命探査の際に問題になると予想される宇宙検疫の部分で日本が貢献できる部分がないでしょうか?」