すぐに戻ってくるのかもしれませんが、ぼくも我慢の限界だったので、この機に撮影を終えてキャンプに帰ることにしました。

 体中がこわばり、暑さで頭がくらくらしていたものの、ぼくは嬉しくて仕方がありませんでした。

 ルーンが抱卵する様子を、あんなにも間近に眺めることができたのです。

 まるで世界の秘密を覗いてしまったかのような興奮と、撮影を成功させた達成感で胸がいっぱいでした。

 ぼくは、水に浸かったままの足を泥から引き抜くと、ポンチョをかぶったまま、いそいで撮影機材をカヤックに積み込みました。

 そのまま乗ったのでは気持ちが悪いので、せめて水だけでも絞ろうと、靴下を脱ぎました。

 そのとき、自分の素足を見て、ぞっとしました。

 足首に、5センチほどの長さの黒いヒルが2匹くっついていたのです。

 小さくとも不気味な姿をしていて、背中に寒気が走りました。

 <ヒルなんているんだ……>

 痛みもないので、まったく気がつかなかったのです。

 いったいいつから吸われていたのでしょう。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る