第46回 祭りのあと

 湖面を近づいてきたのは、よく見ると、ビーバーではありませんでした。

 それは、もう1羽のルーン(=ハシグロアビ)でした。

 ゆっくりとこちらに向かって、音もなく泳いできます。

 <そうか、親鳥はもう1羽いるんだった……>

 体の大きさも模様も、巣で卵を温めているルーンとまったく同じに見えます。

 どちらがオスで、どちらがメスなのか、外見からは判断がつきません。

 抱卵を交代するつもりなのでしょうか。

 それとも、座り続けるパートナーのために、食べ物を運んできたのでしょうか。

 昨日なぜ姿を見なかったのかはわかりません。

 ぼくも都合良く巣に近づくことばかりを考えていて、もう1羽いるはずのルーンにまで、気がまわりませんでした。

春の小川にはいつも、美しい羽が落ちている。産卵のために来るヌメリゴイを狙って、ハクトウワシも集まっていたのだ。(写真クリックで拡大)