第34話 新たな仲間の出現! しかし彼は、野獣???

 夜は、スティーブカップルと美女と野獣カップルと一緒に食べて、久しぶりにワインを飲んだ。

 オリバー爺さんもやってきて、くつろぎながら、静かな語らいの場となった。

 ロッジは、裸電球が1つ灯るだけである。

 そのぼんやりとした明かりの中で、トビエスが再び、メスのグリズリーを撃った話を始めた。

 私は、「あちゃ……」と、顔を伏せた。

 この和んだ雰囲気のなかで、その話をすることを望んでいなかったのだ。

 きっと、スティーブやオリバー爺さんも同じだろう。

 セビーナも、苦々しい顔をしていた。

 その場の空気が読めないトビエスの自慢話に、鉄槌を下すように厳しい言葉を入れたのは、やはりここは歳の功、オリバー爺さんだった。

「わしゃ、50年以上アラスカの森の中で生きとるが、グリズリーは撃たん!」

 その言葉に、私はとっさに尋ねた。

「撃たなきゃいけなかったことが、一度もないの?」

「ない」

 オリバー爺さんは、きっぱりと言う。