第3回 空一面のオーロラ大爆発

――オーロラが空を埋めつくすといわれる“オーロラ大爆発”。実際にそうなのですか。

 僕らが見たものはそうでした。オーロラに取り囲まれた感じ。空いっぱいに広がって、動いているんです。

 それを見上げていると、オーロラの中を天に昇っていく感覚になります。ふり返れば、大地はオーロラの光に照らされて、雪が淡く輝いている。本当に美しく、雄大で、人知を超えたものの力を感じます。

――オーロラ大爆発は、どのようにして起こるのですか。

 空がオーロラでいっぱいになるのは、あっという間でした。

 撮影では、僕を中心に360度の映像を撮るために、カメラを移動させる円形レールを地面に設置してオーロラを待ちます。

 そのときも準備を整えて、円形レールのところで横になって待っていました。「今日も出ないね。寒いから戻ろうか」と話していたときです。空に1本、糸のような光が薄っすらと見えました。

(写真クリックで拡大)

大沢たかおさんがナビゲーターを務めるドキュメンタリー番組「大沢たかお 神秘の北極圏-光と闇の旅-」がNHKのBSプレミアムで放送されます。第1夜「奇跡のオーロラ大爆発」は4月13日 (土) 午後9時~11時、第2夜「幻想の夜明けブルーライト」4月20日 (土) は午後9時~11時です。
http://www.nhk.or.jp/ocean/arctic/