壁紙

かつて凶兆の鳥とされていたカラフトフクロウ

カラフトフクロウはかつて凶兆の鳥とされ、すぐに撃ち殺されていた。現在は保護のおかげで生息地を取り戻し、順調に数を増やしている。
写真= Sven Zacek, Wild Wonders of Europe

2010年5月号「ヨーロッパの野生」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 氷の海のサーフィン、アイスランド
  • 花びらと自転車
  • 中国の火力発電所
  • ロッチャメローネ山、イタリア
  • 大地にのびる影(マダガスカル)
  • ソウルの交差点、韓国
  • 滝へ飛び込め!
  • 人類最古の神殿跡
  • シェイク・ザーイド・モスク、アブダビ