壁紙

かつて凶兆の鳥とされていたカラフトフクロウ

カラフトフクロウはかつて凶兆の鳥とされ、すぐに撃ち殺されていた。現在は保護のおかげで生息地を取り戻し、順調に数を増やしている。
写真= Sven Zacek, Wild Wonders of Europe

2010年5月号「ヨーロッパの野生」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • コディアックヒグマ
  • オオワシ、知床
  • ジャーマン・ショートヘアード・ポインター
  • キタリス、ポーランド
  • グリーンアネモネ、バンクーバー島
  • カウアイ島のミツバチ
  • キツネ、米ワシントン州
  • オオハクチョウの親子
  • イトトンボ