壁紙

かつて凶兆の鳥とされていたカラフトフクロウ

カラフトフクロウはかつて凶兆の鳥とされ、すぐに撃ち殺されていた。現在は保護のおかげで生息地を取り戻し、順調に数を増やしている。
写真= Sven Zacek, Wild Wonders of Europe

2010年5月号「ヨーロッパの野生」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ニホンザルの家族、広島
  • 非情の山 K2に挑む 1 世界第2の高峰
  • ミーアキャット
  • 群舞するフラミンゴ 1 一斉に動いたフラミンゴ
  • 真っ赤なヒナゲシと甲虫
  • ミューレンバーグイシガメ
  • 赤く染まる丘陵を歩むサイ (南アフリカ共和国)
  • ゾウ、インド
  • フジツボや藻類が付着した巻き貝