壁紙

かつて凶兆の鳥とされていたカラフトフクロウ

カラフトフクロウはかつて凶兆の鳥とされ、すぐに撃ち殺されていた。現在は保護のおかげで生息地を取り戻し、順調に数を増やしている。
写真= Sven Zacek, Wild Wonders of Europe

2010年5月号「ヨーロッパの野生」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ペンギン、サウス・ジョージア島
  • 夕焼け、南アフリカ共和国
  • 無毛のネコ(イスラエル)
  • 運河、ベネチア
  • ゴーザフォスの滝、アイスランド
  • ギンポ、紅海
  • ゾウアザラシ、カリフォルニア
  • 自らの姿を撮影する火星探査車「キュリオシティ」
  • コケから水面にジャンプ!(インドネシア・ジョグジャカルタ)