壁紙

かつて凶兆の鳥とされていたカラフトフクロウ

カラフトフクロウはかつて凶兆の鳥とされ、すぐに撃ち殺されていた。現在は保護のおかげで生息地を取り戻し、順調に数を増やしている。
写真= Sven Zacek, Wild Wonders of Europe

2010年5月号「ヨーロッパの野生」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • バッファロー、インドネシア
  • カタツムリ
  • アジサシのひな
  • マクリッチ貯水池のサル
  • ゾウ祭り、インド
  • タラバガニ
  • フットサル、バルセロナ
  • ブナ林、ドイツ
  • イパネマ海岸、リオデジャネイロ