壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて凶兆の鳥とされていたカラフトフクロウ

カラフトフクロウはかつて凶兆の鳥とされ、すぐに撃ち殺されていた。現在は保護のおかげで生息地を取り戻し、順調に数を増やしている。
写真= Sven Zacek, Wild Wonders of Europe

2010年5月号「ヨーロッパの野生」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:チーターの違法取引が横行しているアフリカ東部のソマリランド。ソマリアからの分離独立を一方的に宣言しているこの共和国が位置する半島一帯は何とよばれているでしょう?

  • アフリカの角
  • アフリカの耳
  • アフリカの鼻

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ