第31話 憧れの有名人がやってきた!

 彼女たちの姿に飛んできた私に、2人は、気さくに挨拶をしてくれた。

「私がミッキーよ」

「私がジュリー」

 お互い握手をして、笑顔を交わすと、すぐさま、2人はドッグヤードの方へと歩いていった。

 その瞬間、2人は左右に交差して、また交差するように歩いた。

「え?」
「あれ?」
 どっちがミッキーさんで、どっちがジュリーさん……? ……あ、

「あ~」

 もう、分からなくなってしまった。

 舞い上がっていたせいか、2人の特徴をしっかりと頭に記憶しなかったのだ。

 と言っても、あまりにも2人はコピーペーストしたみたいに同じなのである。

ミッキー&ジュリー、双子の有名人!(写真クリックで拡大)