壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンピューター上で再現された頭骨

東京大学の諏訪元は化石のマイクロCT画像を5000枚以上使って、64個の破片をコンピューター上で再現。現代と他の化石の霊長類の頭骨を比較参照しながら、破片を組み合わせて頭骨を復元した。失われた左側の顔面部も右側と対称的になるように補い(茶色の部分)、その他の破片は一つずつ区別できるよう色分けしてある。
写真=Gen Suwa

2010年7月号「人類進化の道」のダイジェスト&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:米国では20世紀初頭に始まり、かつては大変な人気を博したグレーハウンドのドッグレース。この犬と同程度の速さで走れる動物はどれでしょう?

  • ヘラジカ
  • ダチョウ
  • ハイイロカンガルー

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ