第18回 パリの有名観光地の下に眠るローマの遺跡

 定番の海外旅行先、パリ。数あるパリの観光名所のなかでも、シテ島にあるノートルダム大聖堂は人気が高く、訪れたことのある方も多いですよね。実はその地下に、別の観光名所があるのをご存じですか?

フランス、パリのノートルダム大聖堂前広場の地下に眠る遺跡。古代ローマ時代の床暖房設備や日用品、中世の住居や店舗、18世紀の病院跡などが発見され、往時の暮らしがしのばれる。
写真:NRT-Travel/Alamy(写真クリックで拡大)

 シテ島は、紀元前1世紀に築かれた古代ローマの町「ルテティア」のあった場所。そのルテティアの遺跡が、ノートルダム大聖堂前の広場の下に広がっているんです! 古代ローマ時代の砦や港の跡、床暖房設備や邸宅の壁に描かれたフレスコ画、化粧道具や鍋といった日用品などが発見され、当時の洗練された生活がしのばれます。

 ほかにも、中世の住居や店舗、18世紀の病院跡なども見つかっています。ビクトル・ユーゴーの小説『レ・ミゼラブル』にもあるように、パリの歴史は地下世界と切っても切り離せません(2011年2月号の特集「ようこそ、パリの地下世界へ」もどうぞ)。これからパリに行く機会のある方はぜひ、ノートルダム大聖堂の見学と併せて、立ち寄ってみてはいかがでしょう。

 ノートルダム広場の地下遺跡への詳しい行き方や、見逃せない観光スポットなど、プランを立てるときに役立つヒントは、『続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』(日経ナショナル ジオグラフィック社刊)をご覧ください!

『続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』
(ジェレミー・アランほか著、関利枝子、北村京子訳、日経ナショナル ジオグラフィック社)


見たこともない風景や野生動物を堪能できる場所や、まだあまり知られていないリゾートから、パリやニューヨークなど定番の観光地にある意外な名所やお得な情報まで。旅の満足度をアップするアイデア満載の1冊です!
ナショジオストア アマゾン 楽天