正面から見たしんかい6500。銀色の「前足」がマニピュレータ。(写真クリックで拡大)

 さまざまな装備があるのだが、やはり興味深いのは、球状の居住空間。
 中には、椅子はない。乗ったら、寝そべるような格好で過ごすことになる。
 窓は3つ設けられている。3人の乗員は、ここからおのおの、深海底を眺める。
 その窓の外には、各種カメラと、折りたたまれた猫の前足のようなものが、2本。
 マニピュレータだ。これで、深海の生物などを捕獲するのである。

 マニピュレータの操縦も、パイロットの仕事だ。

マニピュレータの操縦は上手くないので


 小倉さんが言った。
「私はあんまりマニピュレータの操縦が上手くないんで、船ごと持っていくようにしています」

 え?

「ターゲットのある程度近くまで行って、そこでマニピュレータを操縦するのではなく、マニピュレータがターゲットの目の前に行くように船を操縦して、あとはつかむだけにするんです」

 高速道路や駐車場での発券を思い出す。
 腕を伸ばさなくていいようにと、車ごとぴたっと近付ける方が、よっぽど難しいではないですか!
 車の運転と、しんかい6500の操縦とは似ていますか。車の運転が上手いと、しんかい6500の操縦も上手いとか。

「車で言う車幅感覚のようなものは大事ですけど、でも、車にはz軸方向の動きはないでしょう」

 縦の動きである。
 はい、確かに。

「z軸方向で、どこに自分がいるのかわからなくなるというのは、地上では経験ができませんよね。だから感覚としては、車の運転より、スキューバ・ダイビングの方が近いですね」

 なるほど、そうですか。

「あと、私らは、研究者が探しているものを、研究者より先に見つけないとならないです」

 どういうことですか?

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る