File4 しんかい6500パイロットチーム

第1回 母船「よこすか」と潜水調査船「しんかい6500」

「研究者が何かを見つけて、ストップをかけてからでは、遅いんです」

 急には止まれない。

「バックもできますが、そうすると、視界に泥などが舞ってしまうので、できるだけバックはしないようにしています」

 なるほど。気を遣いますね。

ゲームのコントローラのような操縦装置


 そろそろ、しんかい6500はどうやって動かすのかを、教えていただけませんか。
 ハンドルとアクセル、ブレーキですか?
 それとも、飛行機のように、操縦桿があるんですか?

「これです」

しんかい6500の操縦装置(写真クリックで拡大)

 ええ? なんです、この、カラオケのリモコンにケーブルがつながっているような、ゲームのコントローラーのようなものは。

「これで、しんかい6500を操縦するんです」

 えええ? これで?
 これで、こんなに大きなものを動かすんですか?

「そうです。このスライダーで主推進器の出力を調整して、このダイヤルで水平スラスタを調整します」

 主推進器とは、しんかい6500の後部に2つついたプロペラのことである。これが回れば回るほど、前へ進む。
 機動性を高めるためにと2つになったのは、2012年3月。それまでは、中央に大きなものがひとつあった。ほかにも、しんかい6500には、完成時と比べて改良が加えられた部分がたくさんある。
 1989年生まれのしんかい6500は、日々、変化を重ねているのだ。

しんかい6500解剖図(提供:JAMSTEC)(画像クリックで拡大)