実はオリバー爺さんは、徹底した偏食家。

 と言っても、肉ばかり食べて野菜を食べないとか、お菓子ばかり食べて、栄養のあるものを食べないとか、そんな不健康な偏食家ではなく、体に良いと思うものだけを食べる、いわば優良偏食家である。

 その優良というところも、私にはちょっと不可解なのだけれど……、まず、オリバー爺さんは、火を通したものを絶対に食べない。

 完全なる、生食主義者なのだ。

 野菜しか食べないのをベジタリアン、果物しか食べないのをフルタリアンと言うのだとすると、生しか食べない爺さんは、「ロウタリアン」。

 ロウは英語で「生」という意味だけれど、日本ではあまり馴染みのない英語なので、「ナマタリアン」ということにしておこう。

(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る