第16回 船から堪能する、美しき「海の天主堂」

 霧に煙る港町の教会。今回はまず、幻想的なこちらの写真をご覧ください。

熊本県、天草下島に立つ﨑津天主堂が霧に煙る。羊角湾を臨む教会で、現在の建物は1934年に再建されたもの。
写真:Japan National Tourist(写真クリックで拡大)

 どこか外国の港町のような風情ですが、実は日本国内にあります! 熊本県、天草諸島の下島南部に立つ、﨑津天主堂です。天草地方といえば、隠れキリシタンの里として有名。ここ﨑津には16世紀中頃に教会が建てられ、天草地方のキリスト教布教の中心になりました。現在の天主堂は、1934年に再建されたもの。「海の天主堂」とも呼ばれるその美しさを堪能するには、夕暮れ時に船から眺めるのがおすすめです。

 現在の天草地方には、こういったキリスト教信仰の遺産はもちろん、新しい旅の楽しみ方もたくさんあります。釣りやシーカヤック、イルカウォッチングなど海のレジャーや、白亜紀の地層が露出している御所浦島での化石探し、温泉やグルメなど盛り沢山。天草上島・下島は現在、本土と橋でつながっていますが、120もの島からなる天草地方を味わい尽くすには、船の旅も忘れずに!

 天草地方への詳しい行き方やおすすめの宿泊先など、プランを立てるときに役立つヒントは、『続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』(日経ナショナル ジオグラフィック社刊)をご覧ください!

『続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』
(ジェレミー・アランほか著、関利枝子、北村京子訳、日経ナショナル ジオグラフィック社)


見たこともない風景や野生動物を堪能できる場所や、まだあまり知られていないリゾートから、パリやニューヨークなど定番の観光地にある意外な名所やお得な情報まで。旅の満足度をアップするアイデア満載の1冊です!
ナショジオストア アマゾン 楽天