File3 JAMSTECの稼ぎ頭 阪口秀

第3回 地震の前のサインを読む!

「最初は難航しました。が、いろいろと研究所などの規定を調べたり、関係する役所にも話を聞くなど努力と交渉を重ね、その甲斐あって、後日規定は変わりました」

 おお。

「結局、僕自身には金は返ってきませんでしたけど」

 それは、なんとなくそう思いました。
 いえ、お金が返ってこなかったことではなく、お金が欲しくて交渉したんじゃないんだろうな、ということです。

「たとえ今回、自分には適用されなくても、のちのちに倒れて救急車で運ばれるかもしれない職員のために、同じような目に合うかもしれない人が1人でも減ればいいんです」

 そして、きっぱりとこう付け加えた。

「僕は、論理的におかしいことが嫌いなんです」

 圧倒され、ぐうの音も出ない取材陣。

怪しいままではダメ


 インタビューの最初の頃に出てきた話を思い出す。開発したソフトの売上げを『受託研究費』にするか、『事業収入』にするかに、たいへんこだわったことを。
 あの、それは、いつからですか?
 どのようにして今のように「論理的におかしいことが嫌い」に?

「うーん。どうやって。わかんないですけど、親の教育でしょうか。親も、筋が通っていないことが嫌いでした」

 阪口少年は、繰り返し、こう言われて育った。

 相手によって言うことを変えるな。もし、これを言ったら殺されると思うことがあったなら、そうまでして命まで失うことはないから、黙っているのは構わない。
 しかし、思ってもいないことを言うな。
 そういう人間は、信用されない。そして、そういう人間を、信用してはいけない。

 その教えの通りに大人になった阪口さんは、JAMSTECのこれからについて「怪しいままではダメ」と言う。