フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の百年

- MARCH 2013 -

70年前の石油ブーム

 写真の奥にずらりと立ち並ぶ塔。これらはすべて、石油を掘る油井のやぐらだ。
 『ナショナル ジオグラフィック』誌は1941年6月号で、ここ米国カリフォルニア州のロングビーチで巻き起こった石油ブームを紹介した。油田が見つかってちょうど20年後のことだ。写真の説明には「誰かが石油を掘り当てると、そいつに採り尽くされまいと次から次へと群がってくる」とある。
 当時の勢いはすっかり衰えてしまったものの、今でもこの油田は年間100万バレル以上を産出している。

文=マーガレット・G・ザコウィッツ

写真=B. Anthony Stewart, National Geographic Stock

フラッシュバック一覧へ

  • 飛行機ウォッチングの穴場
  • その昔、ルーマニアの空は
  • カラー写真の先駆け
  • 嵐に悩む幹線道路
  • 電球交換にも細心の注意を
  • 50年前の宇宙飛行シミュレータ
  • 魚のアーチで皇太子を歓迎
  • 海辺で男たちが探しているのは?
  • 剥製一筋50年の男
  • インドの解毒研究所
  • うつぶせで飛行機を操縦?

ナショジオクイズ

現在の歯ブラシの原型が登場したのは15世紀末の中国。当時、ブラシの部分に用いていたのはどの動物の剛毛?

  • ブタ
  • パンダ
  • ハリネズミ

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ