壁紙

初期のクジラ、マイアケトゥスの骨格

初期のクジラが出土するのはエジプトだけではない。ミシガン大学古生物学博物館に展示されているのは、パキスタンで発掘された4700万年前のマイアケトゥス。しっかりした四肢と水かきの付いた足で、地上を這(は)うように歩いていた。四肢を使って泳ぐこともでき、尻尾は舵(かじ)の役割を果たした。その後、強力な尻尾によって効率的に泳げる種が出現する。後肢は退化し、前肢はひれに変化していった。
写真=Richard Barnes

2010年8月号「エジプト クジラが眠る谷」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 霧、スポケーン
  • 我がもの顔のブタ
  • ケイブダイビング、ユカタン半島
  • ポルトガルで唯一の国立公園
  • 海底で発見された彫像(エジプト・アレクサンドリア沖)
  • “地上の楽園”シャングリラ(中国・雲南省)
  • 夜明けのスカイライン、バガン
  • 雄と対峙するホッキョクグマの母子
  • 秋の森、ドイツ