壁紙

初期のクジラ、マイアケトゥスの骨格

初期のクジラが出土するのはエジプトだけではない。ミシガン大学古生物学博物館に展示されているのは、パキスタンで発掘された4700万年前のマイアケトゥス。しっかりした四肢と水かきの付いた足で、地上を這(は)うように歩いていた。四肢を使って泳ぐこともでき、尻尾は舵(かじ)の役割を果たした。その後、強力な尻尾によって効率的に泳げる種が出現する。後肢は退化し、前肢はひれに変化していった。
写真=Richard Barnes

2010年8月号「エジプト クジラが眠る谷」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ナスカの地上絵、ペルー
  • ハマクマノミ
  • シモノス・ペトラ修道院、アトス山
  • ゼラニウム柱頭の花粉
  • ハイイロアホウドリ、サウス・ジョージア島
  • ディケニーシファカ、マダガスカル
  • カメ
  • オシドリ、ワシントン国立動物園
  • カマキリ