壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初期のクジラ、マイアケトゥスの骨格

初期のクジラが出土するのはエジプトだけではない。ミシガン大学古生物学博物館に展示されているのは、パキスタンで発掘された4700万年前のマイアケトゥス。しっかりした四肢と水かきの付いた足で、地上を這(は)うように歩いていた。四肢を使って泳ぐこともでき、尻尾は舵(かじ)の役割を果たした。その後、強力な尻尾によって効率的に泳げる種が出現する。後肢は退化し、前肢はひれに変化していった。
写真=Richard Barnes

2010年8月号「エジプト クジラが眠る谷」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ