壁紙

ソ連時代から操業する石油掘削基地
(アゼルバイジャン)

ソ連時代から操業するバクー郊外の石油掘削基地。彼方まで並んだ旧式の機材と掘削技術が、環境と景観を破壊する。
写真=Alex Webb

2010年8月号「シリーズ 地球と、生きる カフカス横断鉄道」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 凍った波と雪雲がつくる別世界(ノルウェー)
  • 真っ赤なイソギンチャクとクマノミ(パプアニューギニア)
  • 川の流れがつくった「大理石の城」(ノルウェー)
  • 氷河の窓からのぞく山(ノルウェー)
  • クマノミとスズメダイ、イソギンチャク(パプアニューギニア)
  • 外界から隔絶されたフィヨルド(ノルウェー)
  • サンゴの穴とヤドカリ(パプアニューギニア)
  • 水槽に釘付けの少女
  • モレラ、スペイン(1928年)