壁紙

ソ連時代から操業する石油掘削基地
(アゼルバイジャン)

ソ連時代から操業するバクー郊外の石油掘削基地。彼方まで並んだ旧式の機材と掘削技術が、環境と景観を破壊する。
写真=Alex Webb

2010年8月号「シリーズ 地球と、生きる カフカス横断鉄道」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 霧が立ちこめるフォンニャ・ケバン国立公園 (ベトナム)
  • 野生の馬、フランス
  • キャベツのような形をしたサンゴ (インドネシア ラジャ・アンパット諸島)
  • マカクの赤ちゃん、インド
  • アンマンのヘラクレス神殿跡(ヨルダン)
  • ハンドウイルカ、メキシコ
  • 底引き網に覆われて被害を受けたサンゴ (メキシコ カリフォルニア湾)
  • ウサギ、オレゴン州
  • 突風が吹きつける道路(米国テキサス州)