壁紙

ソ連時代から操業する石油掘削基地
(アゼルバイジャン)

ソ連時代から操業するバクー郊外の石油掘削基地。彼方まで並んだ旧式の機材と掘削技術が、環境と景観を破壊する。
写真=Alex Webb

2010年8月号「シリーズ 地球と、生きる カフカス横断鉄道」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 摩訶不思議なソコトラ島 3 海岸に広がる岩場
  • 砂漠の“木”、メキシコ
  • ノースカントリーチェヴィオット種のヒツジ
  • 春の小川、フィンランド
  • マケドニアの電力網と太陽
  • 摩訶不思議なソコトラ島 2 岩山に広がるリュウケツジュの森
  • グリーンアノール、テキサス州
  • カルコノシェ国立公園、ポーランド
  • アルプス山脈を貫くゴッタルド基底トンネル