壁紙

ソ連時代から操業する石油掘削基地
(アゼルバイジャン)

ソ連時代から操業するバクー郊外の石油掘削基地。彼方まで並んだ旧式の機材と掘削技術が、環境と景観を破壊する。
写真=Alex Webb

2010年8月号「シリーズ 地球と、生きる カフカス横断鉄道」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 田植えに向かう母子、マレーシア
  • 世界最大の砂島(オーストラリア・フレーザー島)
  • 滝を懸垂下降
  • 鳥を装う猟師、パキスタン
  • 5600万年前に干上がった沼地(太古の地球温暖化)
  • ヒグマの昼寝、アラスカ州
  • シエラネバダ 2 「アンセルアダムス原生地域」
  • エベレストの日の出
  • 収穫を待つトウモロコシ