• TOP
  • フォト
  • 壁紙
  • ソ連時代から操業する石油掘削基地 (アゼルバイジャン)

壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソ連時代から操業する石油掘削基地
(アゼルバイジャン)

ソ連時代から操業するバクー郊外の石油掘削基地。彼方まで並んだ旧式の機材と掘削技術が、環境と景観を破壊する。
写真=Alex Webb

2010年8月号「シリーズ 地球と、生きる カフカス横断鉄道」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 春期受講生募集中 詳しくはこちら

ナショジオクイズ

Q:写真は米国の南カリフォルニアにある桟橋、サンタモニカ・ピア。この地が終点でシカゴが起点となっているハイウェーといえば?

  • リンカーンハイウェー
  • ルート66
  • ビーナスライン

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ