ミンチュミナ湖にそそぎ込む小さな川を、リバーボートで遡ることになった。

 目的は、ムースハンティングの下見である。

 長い冬を乗り切るには、どうしても必要なムースの肉。

 スティーブの一家にとっても、いずれ帰ってくるトーニャにとっても、しばらくここでお世話になる私にとっても、不可欠な冬の食材だ。

 リバーボートは、湖をひた走ると、細い川に入っていった。

 河口付近では、葉を落とした高い木の上に、2羽の白頭鷲(はくとうわし)がとまっている。

 なんと雄々しい姿だろう。

 こういう風景を見ると、アラスカに来ていることをしみじみと感じる。

白頭鷲が2羽。(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る