第26話 涙の味? ライチョウを食す。

 そもそも、このロッジ周辺は、いつも橇犬たちが騒々しく吠えていて、ほとんどの野生動物が寄りつこうとしない寂しい森になっている。

 そのなかで、唯一、微笑ましく飛び回っていた、つがいのグラウスたちだ。

 だから、この冬ずっと、私たち人間の暮らしのそばで、生きていて欲しかったのだ。

 そんなこともあって、スティーブの彼女が、嬉しそうに獲物を見せたとき、私は、
「ああ、なんて非情…」

 これは、メルヘンの森に起きた、悲劇だ……。サスペンス劇場だ……。13日の金曜日だ……。

「いや、これはもう、事件だ!」と、パトカーのサイレンを鳴らして、すっ飛んで行きたくなるような心理状態だったのである。

 スティーブの彼女というのは、一見、ジャンクフードが好きそうな、典型的なぽっちゃり体形のアメリカ人である。

 話してみると、意外にも知識人で、受け答えもはっきりとしている、しっかり者だった。

 スティーブとの結婚を考えているようで、はるばる故郷のコロラド州から、原野での暮らしを学びに来ていて、いわゆる、アラスカの森の男に嫁ぐための、嫁入り修業というワケだ。