• TOP
  • フォト
  • 壁紙
  • バルト海の網のなかで絡み合うウナギ(スウェーデン)

壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バルト海の網のなかで絡み合うウナギ
(スウェーデン)

ホンザ・オラフソンが仕掛けた全長約270メートルの円錐状の網に捕らえられ、絡みあうバルト海のウナギ。スウェーデンでは、ウナギは直火で焼いたり、薫製にしたり、油で揚げたり、ローストしたりして食べられるほか、秋のウナギ・パーティでスープの具として使われる。ウナギ・パーティは、スウェーデン南部のスコーネ海岸で数百年前から行われてきた行事だ。スウェーデンの人々は、アルコールが脂ののったウナギの消化を助けると考えており、パーティではこれを口実にシュナップス、ウォッカ、ビールなどが供される。
写真=David Doubilet

2010年9月号「ウナギの不思議」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

翻訳講座

ナショジオクイズ

写真は西アフリカのニジェール。ここで何をしているのでしょうか?

  • 織物
  • 井戸掘り
  • 金鉱探し

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ