壁紙

傷を負ったインドサイ
(インド・カジランガ国立公園)

なぜ血がついているのだろう。ほかの雄との恋の鞘(さや)当てか、はたまた後方に去っていく雌への求愛活動の末か……地球上にいるインドサイの4分の3が生息しているカジランガでは、1平方キロ当たり4頭という高密度が衝突を招く恐れがある。サイ同士の争いや、それが元となるけがは珍しいことではない。
写真=Steve Winter

2010年8月号「野生の王国 カジランガ」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ウルルと呼ばれる岩山(オーストラリア)
  • 新年のお祝いの始まりを告げる花火(インド・グワハティ)
  • 美しい自然に恵まれたスクロバ島(ノルウェー)
  • 朽ちた羊飼いの小屋(ノルウェー)
  • 厳冬の森
  • テスト潜航を終えた「ディープシー・チャレンジャー」
  • プラハの白鳥
  • 冬のスウェーデン
  • モクマオウ科の木の向こうに浮かぶ満月(オーストラリア)