第5章 1956- 第二期黄金時代からさらなる挑戦へ

第10回 ナショジオがつくった“軽い本”のベストセラーとは

1962年7月4日の独立記念日に刊行したホワイトハウスのガイドブック。(c) Hale or Thiessen

 でも、メルビルは即座に承知して、協会の総力を結集します。スタッフが徹夜を重ねた甲斐もあり、1962年7月4日にこの本は無事、日の目をみることができました。

 初版の25万部はあっという間にはけて順調に版を重ね、その後、約50年間をかけてこの本は数百万部を超える大ベストセラーとなりました。

 が、しかし、メルビルはこの本の制作を公益事業としたために、協会に利益は入りませんでした。誠に惜しい……。でもまあ、そもそも協会はNPOですから、利益が出たとしても探検や調査・研究を支援したりするだけなんですけどね。

 とはいえ、よい面もありました。この成功のおかげでこんどは国会議事堂歴史協会から国会議事堂の本の依頼を受け、さらに、その仕事が終わらないうちに最高裁判所やワシントンのモニュメントの本も、という具合にどんどん依頼が舞い込みます。