第12回 ソウルの市場で買い物とグルメを楽しむ

 今回紹介するのは、お隣の国、韓国最大の伝統的な市場であるソウルの南大門市場です! 日本から近いですし、韓流ブームもありますから、訪れたことのある方もたくさんいらっしゃるでしょう

毎日40万人以上が利用する韓国、ソウルの南大門市場。道端の屋台においしそうな料理が並ぶ。
写真:dbimages/Alamy(写真クリックで拡大)

 この南大門市場、なんと600年もの歴史を誇ります。南大門というのは通称で、正式には崇礼門と言いますが、14世紀末に建てられたこの門のそばに市が立ったのが始まりです。日用品や食料品、衣料品が中心で、観光客はもちろん、地元の人たちにも人気があります。利用客は毎日40万人以上! ものすごい数ですね。

 崇礼門は2008年に放火され、木造の鐘楼の大部分が焼失してしまいましたが、復元工事が行われ、あと数週間で竣工予定だそう。これまでに行ったことがある方も、新たに復元された崇礼門を見に、再訪してみてはいかがでしょう。ソウルの真冬は極寒と聞きますが、寒いなか、辛い屋台料理に舌鼓を打ち、体を温めるのも楽しそうです。

 ほかにも世界中にたくさんある楽しい市場など、プランを立てるときに役立つヒントは、『続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』(日経ナショナル ジオグラフィック社刊)をご覧ください!

『続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』
(ジェレミー・アランほか著、関利枝子、北村京子訳、日経ナショナル ジオグラフィック社)


見たこともない風景や野生動物を堪能できる場所や、まだあまり知られていないリゾートから、パリやニューヨークなど定番の観光地にある意外な名所やお得な情報まで。旅の満足度をアップするアイデア満載の1冊です!
ナショジオストア アマゾン 楽天