VISIONS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野生では生息数が減少

「ウーパールーパー」の別名で知られるメキシコサラマンダー。両生類だが通常は変態せず、幼生の姿のままで繁殖する。野生では数が減少。この個体は英国ウェストサセックス州で飼育されていて、体長は約15センチ。
写真=Stephen Dalton, NHPA/Photoshot

VISIONS一覧へ

ナショジオクイズ

Q:現在のEVとはまったく違いますが、電気で走る車はエンジンで駆動する車が登場した頃からありました。その当時、電気で走る自動車を手がけていた自動車工学者といえば誰でしょう?

  • ルイ・シボレー
  • エンツォ・フェラーリ
  • フェルディナント・ポルシェ

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ