VISIONS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野生では生息数が減少

「ウーパールーパー」の別名で知られるメキシコサラマンダー。両生類だが通常は変態せず、幼生の姿のままで繁殖する。野生では数が減少。この個体は英国ウェストサセックス州で飼育されていて、体長は約15センチ。
写真=Stephen Dalton, NHPA/Photoshot

VISIONS一覧へ

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ