地面から「かき氷」のように盛り上がった高さ30センチほどの山。
よく見ると、表面には発芽したばかりの植物、ヤスデにカタツムリ、ミミズにダニ、ハエやトビムシなどなど、たくさんの小さな命が集まっています。

表面の土はさらさら、ふわふわで、山を押すとしなります。
さて、いったいだれが造ったのでしょうか?

答えは次のページです。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る