「南極なう」の最終回でペンギンの調査の成果を発表できたときにはぜひとも紹介したいと書いたけれど、そのときがきました! ペンギンにビデオカメラをとりつけて海中のエサ取りを観察したという論文が1月22日付で「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に掲載された。PNASは多くの研究者にとって憧れの権威ある科学雑誌であり、私なんかに手が届くはずがないと思っていたので(おそらく駄目だろうと思いながら投稿したのである)、正直いってうれしくてしょうがない。そこで今回はうれしさにまかせて「南極なう」の特別編。論文の内容をできるだけわかりやすく紹介したいと思う。

調査したのは南極のアデリーペンギン。(撮影:渡辺佑基/協力:ニコンイメージングジャパン)(写真クリックで拡大)

 論文のタイトルは「Linking animal-borne video to accelerometers reveals prey capture variability」。日本語に訳すと「動物装着のビデオと加速度計をリンクさせることによりエサ取りのバリエーションがわかる」となり、何だか緊張感に欠けた感じになってしまうが、英語としてはカッコいい渾身のタイトルをつけたつもりである。ともあれこの論文では、南極のアデリーペンギンに小型ビデオカメラと行動記録計の両方をとりつけ、ふたつの情報をうまくリンクさせることにより、ペンギンがいつ、どこで、どんなエサを捕えていたかを明らかにすることができた。

 この論文の最大の意義は、野生動物のエサ取りの行動を初めて長時間にわたってモニタリングできた点にある。

 野生動物がどんなエサをどれだけ食べたかは、健康状態あるいは生死を決定するとても重要な情報なので、なんとかそれを連続的に記録しようと過去20年以上にわたりいろいろな手法が試されてきた。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る