壁紙

生後数日の新生児の口の中にすみついた細菌

口腔細菌
ヒトの口の中には多様な細菌がいる。この画像は、生後数日の新生児の口腔粘膜にすみついた細菌。悪玉菌は、虫歯のもとになる歯垢などのバイオフィルム(細菌が集まってできた膜状の構造体)を形成したり、歯と歯茎の間の溝にコロニーを作って歯周病を引き起こしたりする。善玉菌を投与して個体群を増やし、病原菌を圧倒するオーラル・プロバイオティクス療法は、口内の病気の予防や症状改善に役立つ可能性がある。
写真=Martin Oeggerli, with support from School of Life Sciences, FHNW

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • フランス・プロヴァンス地方のポピーの花畑
  • 極楽鳥4:ニューギニア島の沼地で雌を呼ぶジュウニセンフウチョウ
  • ヒトデの上をはうタラバガニ
  • 寒い地にしっかりと根を下ろして生きるジャイアントセコイア
  • ムチカラマツの森(駿河湾)
  • 極楽鳥3:自慢のダンスを披露するオナガカンザシフウチョウ
  • バイカル湖から突き出す、精霊のすむ岩
  • 牛のげっぷに含まれるメタンガスは?
  • インカの壁を見つめる女性(ペルー、クスコ)