壁紙

更新世に生息した大ヘビの骨格

うねうねと曲がりくねったウォナンビ・ナラコーテンシスの骨格からは、更新世に生息したこの大ヘビが、獲物を相当な力で締めつけたであろうことがうかがわれる。その全長は約6メートルに達し、太さは電柱ほどもあった。ナラコート付近の洞窟から発掘された部分化石は、アデレードのサウスオーストラリア博物館に展示されている。属名の「ウォナンビ」は「虹のヘビ」を表すアボリジニの言葉に由来している。「虹のヘビ」はアボリジニのアートや神話にもひんぱんに登場する。
写真=Amy Toensing

2010年10月号「巨獣はなぜ消えた?」はこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ミナミセミクジラ
  • アファールの絶景9 塩分濃度の高い湖(ジブチ)
  • ゾウアザラシの母子
  • エル・カーニョ遺跡そばの石柱(パナマ)
  • サンブル国立保護区のゾウ、ケニア
  • 雪と2頭の馬(モンタナの大地)
  • ウミウシ
  • アファールの絶景8 活火山エルタ・アレの溶岩湖
  • アファールの絶景7「塩田に集まるラクダの隊商」