壁紙

更新世に生息した大ヘビの骨格

うねうねと曲がりくねったウォナンビ・ナラコーテンシスの骨格からは、更新世に生息したこの大ヘビが、獲物を相当な力で締めつけたであろうことがうかがわれる。その全長は約6メートルに達し、太さは電柱ほどもあった。ナラコート付近の洞窟から発掘された部分化石は、アデレードのサウスオーストラリア博物館に展示されている。属名の「ウォナンビ」は「虹のヘビ」を表すアボリジニの言葉に由来している。「虹のヘビ」はアボリジニのアートや神話にもひんぱんに登場する。
写真=Amy Toensing

2010年10月号「巨獣はなぜ消えた?」はこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ニホンザル
  • ゾウの母子、タンザニア
  • 嵐のなかのセルフポートレート
  • クラゲ、南アフリカ
  • 干ばつで使えない綿畑 (米国テキサス州)
  • あたりをうかがうゼニガタアザラシ (米国サンディエゴ沖)
  • しっぽを使って“雪宿り”
  • もみじ、オレゴン州
  • チベット高原で冬虫夏草を探す人々