壁紙

先史時代のような風景
(オーストラリア・タスマニア島)

タスマニアのクレイドル山=セントクレア湖国立公園。先史時代に大型動物が生きていたころの風景が今も残る。かつては巨大なワラビーやカンガルーが跳びはね、槍を構えた人類が茂みの陰で狩りの機会をうかがっていたのだろう。
写真=Amy Toensing

2010年10月号「巨獣はなぜ消えた?」はこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • サンゴ礁を散策するダイバー、ドミニカ島
  • パンダのあくび、中国
  • フィジー首都スバの中心街
  • 死の砂漠、アフガニスタン
  • 桟橋とヤシの木、タヒチ
  • スイホウガン、アメリカ
  • 草を食むバイソン、オクラホマ州
  • 夜の漁師たち、ミクロネシア
  • 樹上のライオン、ザンビア