壁紙

先史時代のような風景
(オーストラリア・タスマニア島)

タスマニアのクレイドル山=セントクレア湖国立公園。先史時代に大型動物が生きていたころの風景が今も残る。かつては巨大なワラビーやカンガルーが跳びはね、槍を構えた人類が茂みの陰で狩りの機会をうかがっていたのだろう。
写真=Amy Toensing

2010年10月号「巨獣はなぜ消えた?」はこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 屋根の上、エディンバラ
  • 水中洞窟を探査するダイバー(メキシコ)
  • 肉の味を覚えたライオンの子たち(タンザニア)
  • オオヒルヤモリ、マウイ島
  • 洞窟内に降り注ぐ太陽光(メキシコ・ユカタン半島)
  • オジロジカ、アーカンソー
  • オーロラ、スウェーデン
  • ほかの子の世話もする若いライオンたち(タンザニア)
  • キノコをつかんでバランスをとるカエル(コスタリカ)